派遣看護師 デメリット

派遣看護師のデメリット

プライベートを重視したい方や、自分のペースで働きたい方に、派遣の仕事は人気があります。
しかし、派遣看護師は、1つの職場で長く働く事ができない、という点がデメリットです。

 

派遣看護師には、派遣法が定められています。
これは、看護師不足を補う為に作られた法律で、派遣看護師を雇う時には、
連続して3年以上雇用する事ができない事になっています。
1人の派遣看護師について3年という期間ではなく、トータルで3年とカウントされる為、
派遣された職場にすでに派遣看護師が働いている場合、自分が働く事が出来る期間が短くなります。

 

派遣看護師を採用している職場というのは、常に看護師が不足していたり、常勤の看護師を雇う余裕がないところです。
そのような職場は、派遣法で定められている派遣期間ギリギリのところで、何とか回しています。
派遣看護師への依存度が高く、他の看護師が派遣として働いている場合がほとんどです。
そうなると、当然、派遣期間がすぐに切れてしまいます。
安定しない為、他の派遣先を探さなくてはいけません。

 

紹介予定派遣であれば、一定期間、派遣として働いた後に、直接雇用として、同じ職場で継続して働く事ができます。
次の仕事を探す必要がなく、慣れ親しんだ職場で働く事ができるのですが、直接雇用になると、給料が大幅に下がってしまう為、
多くの看護師は、他の派遣先を探しているようです。

 

派遣で働く場合には、派遣期間がどのくらいあるのかを事前に確認する事が大切です。
さらに、派遣期間が切れる前に、次の派遣先を決めるなどして、スムーズに仕事が出来るように、
常に求人をチェックする必要があります。
派遣会社以外に、求人が豊富な看護師求人情報サイトを利用するのもお勧めです。

派遣期間について

時給が高く、自分のライフスタイルに合わせて働く事ができる派遣は人気の働き方でもありますが、看護師として働く場合には、いくつか頭に入れておかなければならない点があります。

 

それは、派遣法と派遣期間についてです。

 

派遣看護師には派遣法という法律があり、病院や施設では、派遣法の定める期間を超えて看護師を雇う事ができません。

 

派遣法は、慢性的な看護師不足を補う為に、ひとりでも多くの看護師を職場に定着させる為に作られた法律です。

 

その派遣期間は3年と定められています。

 

一つの職場で何人もの派遣看護師を雇っている場合、一番始めに派遣看護師が働き始めた時点から派遣期間が計算されます。
すでに派遣看護師が2年間働いている職場に雇われたとします。

 

その場合、自分がその職場で働く事ができる期間は、たった1年間のみとなります。

 

派遣期間の3年間を過ぎると、違法となってしまう為、直接雇用か他の派遣先を探すかの決断をしなくてはなりません。

 

しかし、直接雇用になった場合、時給が大幅にダウンしてしまい、派遣のように、自由に働く事が出来なくなる為、直接雇用とはならずに、他の派遣先を探す看護師が多いというのが現状です。

 

派遣看護師を雇っている病院や施設というのは、派遣期間ギリギリで、常に派遣看護師に頼っている、といったケースがほとんどです。

 

特に、派遣会社を通して派遣先を探した場合、地元の限られた求人が多く、ほとんどの職場が何人もの派遣看護師を雇っています。
3年間継続して働く事ができるというケースはほとんどなく、中には、1ヶ月で派遣期間が過ぎてしまうといった場合もあります。

 

事前に派遣期間を確認する事は、派遣で働く上で最も大切な事だといえます。

健診派遣

健診の仕事にはいくつかの種類があります。
大きくわけると、病院併設の健診センター、健診車の勤務、がん検診、といった感じでしょうか。

 

病院併設の健診センターでは、日帰り健診や、1泊健診を行っていて、基本的に健康な方が対象となります。
1年中仕事があるのですが、派遣看護師の募集はほとんどありません。

 

健診車は、健診車に乗って、企業や学校を回る仕事です。
健診車での仕事は、検査する項目が限られていますから、それほど難しくありません。
すぐに業務に慣れる事ができますから、スムーズに仕事を進める事が可能です。
しかし、この仕事は春から夏にかけてがほとんどで、年間を通して働く事ができません。

 

同じ健診の仕事でも、がん検診は大変です。
それぞれの部位によって検査項目が異なり、手順も違います。
使用する検査機器も多く、覚えるのに時間がかかります。
看護師は、スムーズに検査が出来るように誘導するのが仕事ですが、その為には、
検査内容や手順をすべて把握している必要があります。
慣れるまでは辛いですね。

 

健診は、派遣看護師の定番ともなっている仕事ですが、常に仕事があるわけではないので、
単発バイトや他の派遣の仕事と組み合わせて働いている方がほとんどです。

 

健診の仕事は、健康な方が対象なので、精神的に楽に働く事ができます。
がん検診は慣れるまでに時間がかかりますが、慣れてしまえば自分のペースで働く事ができます。
土日は休みですし、残業もありませんから、ママさんナースにとっても働きやすいのではないでしょうか?
派遣は、給料が高いというメリットがあります。
健診のように、残業がほとんどない派遣の仕事を組み合わせて働くのは、効率良く稼ぐ賢い方法だと思います。東京都町田市の看護師求人はコチラ